感情は自分だけがかけられるメガネみたいなもの。

って話をしました。
↓↓

  • わたしたちが見てる景色はうそっぱちでこっぱち

    ほんとこれ。
    あの人の気持ちが分かればなあって
    ものすごく考えて
    ものすごく悩んで
    必死で想像して

    だけど彼の気持ちなんてわかりっこないです

    感情は自分メガネだからね。

    同じように、自分の気持ちも
    ぜったいにわかってもらえません。
    彼がわかろうと努力していても、です。

    なので、
    「わたしの気持ちを分かってもらえない」
    「言わなくてもわかるでしょ!」
    「察してよ!」
    と彼に向かって念じたとしても

    実際にわかってもらうのは
    不可能なことで、
    思っただけでは
    それが成就することはないんです

    違うメーカーのメガネをかけてる人の方が
    圧倒的に多いしね。

    特にね、
    彼を好き!
    って思う気持ちが
    大きくなりすぎてついやっちゃう

    「好き避け」

    好きで好きで恥ずかしくて
    ちょっとつん!として見たり
    意識して死にそうになって
    あえて顔を見なかったり。

    これ、悲しいけれど
    まったく愛情は伝わりません

    伝わるのは
    つん!としてるあなたの態度と
    顔を見ない無視の行動だけなの。


    なぜなら、
    行動は意識の10000000倍伝わるから。

    彼に自分メガネをかけさせることができなくても
    彼は彼のメガネであなたを見ることができるのよ。

    そして見えるのはあなたの念ではなく「肉体」だけなの。

    どんなに念力を送っても、
    どんなに心の中で思っても、
    目に見える肉体の行動の方が
    ずっとずっとずっと相手に伝わってしまう。


    なので、
    この「好き避け」だけは
    あなたの意図してることとは
    全く離れたところに行っちゃうから
    やめた方がいいです。


    もうね、表に出るのは
    彼を嫌がってる態度ばかりだから

  • 彼を愛してるって思ってる人は
    すくなくとも
    どのメガネで見てもわかる
    好意がある表現
    (=笑顔)
    を向けてあげてほしい。

    肉体を手にしてる私たちは、
    目に見えない思いじゃなくて
    目に見える肉体の行動で
    物事が伝わるようにできてるんです。


    だから、
    「わかって欲しい!」と思ったら
    念じるよりも
    肉体を動かすのが一番効率的で
    一番エネルギーが少なくて
    一番成果が出ます。

    ね。恋を叶えたかったら
    この肉体を使って
    好意を伝えるのが
    一番近道。

    好かれて嫌がる人はいないです。
    彼のメガネで良く見えるように
    その肉体を動かしてあげてね。

    そして彼があなたの肉体で表現されている
    その好意を見つけるのが
    おメガネにかなうってやつですな


    彼の目を見る勇気がなくても
    笑顔はできる

    彼に向かって笑いかけなくても
    彼に笑顔を見せることはできるよ

    魅力的なあなたを作って
    彼のメガネに映してあげてね