昨日、私たちはこの現実の世の中のことで
悩むという話をしますた。
↓↓

占いつーのはだね~その2


私たちは
毎日起きては会社行って
ご飯食べて帰ってビール飲んで、
風呂入って寝て、
の中で悩むわけさ。

そんでね、
タロットカードちゅうのは78枚あるんですが、
この78枚は、この世の中を表現しているのよ。

私たちはこの現実の中で悩み、
タロットに解決策や
今どうなってるかを聞く。

ってことはさ、
そもそもタロットカードが
いったいこの世の中の何を
表しているのか
決めておく必要があるわけ。

タロットカードは、
この世の中のことを占うものやけんね。

テキストに書いてあるような
まったく生活の中に出てこない
キーワードを探したって
答えは出てこなし、
読めもしない。


じゃあどうすればいいか。

いい?
私たちはまず
タロット占いをする前に、

タロットカードに
この世の中のことを
覚えさせる必要があるわけ。

スピリチュアルな話じゃないよ。

すごく現実的で
今やってほしいこと。


あなたが手元に
タロットカードを持っているなら、
全部が見えるようにばらまいてね。

でね。
ここから大事なこと。


今目につく、
そのテーブルにあるパソコン。
もしくはスマホ

これ、どのカードに似てる?

それ考えてみて。

カードの意味とか関係ないから、
色とか、
形とか、
そのカードの中の景色とか、
そういうのから
考えてみる。


このカードに似てるかなあって見つけた?

そう、そしたらそのカードが
あなたにとってはパソコンを表す。

正解がどれとか関係ない。
あなたにとっては、
そのカードが
パソコン。

いい?これで一つ意味が決まった。

テキストには、
どんな詳しいものを読んだって、
パソコンというキーワードはないよね?

でもね、
今意味が生まれた。

あなたのタロットカードでは、
そのカードが
パソコンを意味するってこと。


よし、じゃあ次ね。

昼間に読んでる人は、
目の前にある鉛筆やペン。

それはどのカードと思う?

今日はコンビニいった?
ローソン?
セブン?
ファミマ?

ローソンならどのカードだろう?
セブンなら?
ファミマなら?

全部違うカードのはずだよ。
だって、
制服が違うし、
立地が違うし、
キャッチコピーも
ターゲットも違うでしょう。

お弁当を作った人なら
それはどのカード?

お弁当そのものならどのカードで、
手作りってとこがウリなら
それはどのカードだろう?

誰かに作ってもらったものか
自分で作ったものかでも
違うカードで表現されるかもしれない。


夜これを読む人なら、
目の前のビールはどのカード?

横で寝てる家族は?

テレビに出てる芸人さんは?


ね。
こんな答え、
どのテキストにも書いてないでしょう。

だけど、本当に占いをするときには
すごーーーーく大事なことなんだよ。

あなたが明日どんな服を着ていけば
営業がうまくいくか、
プレゼンがうまくいくか、
試験があと一問解けるか、
買い物して100円安くで手に入れられるか。

こういうことを読むためには、
身の回りの
ほんとうに身近な生活パターンを
カードに当てはめていく作業が
何より大事。。


今日乗った交通機関は
バス?
電車?
タクシー?
自転車?

全部カード違うよね。

徒歩だったら?
0番の愚者!

とかさ。


カンタンやろ?
見た目や
色や
そのカードの様子で
決めればいいっちゃん!


カードのことは、大きな箱と思うといいよ。
そして、この世の中のことを
その箱の中にどんどん入れていく。


何もかもよ。

毎日の生活の、
何もかも、
目にすること、手にすること、
その匂い、
味、

毎日毎日毎日毎日
ぜんぶカードの箱の中に入れよう。

まずはそこから。


そして、次に何をすればいいかは、
またプロセスがある。

それはまた明日書くけんね!

じゃあがんばれな!
おやすみ!