普段はとっても理性的で社会的なわたしがムリして蛇口を開けて、占い師バージョンの精神構造を小出しにしながら働いているつもりでいるのだけど、

疲れたり、眠ってたり、曇っていたりすると、良く考えたらそうではなくて、ぶよぶよのゲル状の中身の方が本体で、ムリして社会的あたしという枠組みを使って社会的生活をどうにか送っているんだなあと思う。

中身のゲルはどういうものかというと、人の感情を投影したり、その形になったり、その人になったりする。あたし自身の感情はいつもあんまりなくて、誰かの何かがいつも映し出される道具なわけだ

仕事をしていないとき、ふだんは社会的あたしがいるからぜんぜん<span style="display: inline-block; color: rgb(55, 64, 78); font-family: 'lucida grande', tahoma, verdana, arial, 'hiragino kaku gothic pro', meiryo, 'ms pgothic', sans-serif; font-size: 13px; line-height: 18px;" class="word_break"

平気だけど、どうかしたとき中身だけになっちゃって、それだと勝手に、今意識が向いている人の感情をそのまま投影したり、見ている景色が見えたりして、それはわたしの感情なのか五感なのか何か別のものなのかがわからないし、あたし自身の枠がないときだから、どうやってちゃんと生きていけばいいのかわからなくなってすごく困るから、とても保護されたくなるけど、わたしには保護してくれる人がいないので、どうにか、占い師という仕事をすることでそれを社会的な部分で活用できるものにしたいと思ってる。

道具というのはいつも活用できるところとそうでないところがあるし、どうやれば活用できるのかはいつも社会的な自分でいるうちに考えなくちゃいけないと思うし、それが生なあたしになったときに必死で離しちゃいけない命綱だと思う。