今日はSクラス修了記念のランチ会でした。
うちのスクールでみんなが最初っから最後まで苦労することの一つに、人を大好きになる練習ってのがある。

占い師になるには霊感が必要なんですか?なんて聞かれることは多くて、でもそんなもん全然いりません。
必要なのは、お客様に対して、大丈夫?どこか苦しいの?悲しい?と大切に感じることで、わたしたちが普通に大好きな人や友人や家族に感じる思いと全くおんなじなのだ。それを霊感と言われれば、そんなの誰にだってあるさね。
カードの中のすごいカッコいい世界にいるお客様に、今は大変だろう、頑張れるね、こうすれば大丈夫だからねと期待し続け信じ続けるためには、そのお客様を徹底的に好きで尊敬する必要があって、 みんなたくさんの練習を重ねながら、大好きの気持ちを思い出して占い師になっていくのです。 多くの人が自分の感情を愛あふれる言葉に代えて表現するのもされるのもへたくそで、そのうち好きだって気持ちがどんなものだったか忘れちゃうんだよね。抑えてもなおという美学もあるけど、占い師業にはなかなか使えんたいね。 1年たって修了するころ、みんなホントに良く笑うようになるのがわたしの自慢☆