本日代吹き。ハバネラ、なんちゅーラッパのメロディだ。

カルメンは以前オペラをしたことがあって、この曲は誘惑のアリアなのだけど、ぼんのーと抑圧が同居したそれはそれは狂おしいメロディ。

わたしはなんでも、1次元が2次元にそして3次元になる様が大好き。
頭の中が企画書になり、計画書になり、図面になって立体になって現実に育つのがすごくかっこいい。
音が音階に切り取られて、縦に重なって和音になって曲になり感情に育つたび、モーツァルトブラームスベートーヴェンみたいに能力を神様に与えられた人たちが、それをフル活用して使命を全うしたことにビックリする。 自分のやりたいことと使命感と能力が一致する人はとても幸せな天才だと思う。 モーツァルトの壮絶な短い一生は、きっと狂おしく歓喜の人生だったろうな。