さて今日は土曜日。 福岡は今朝までの雨が上がった感じ。

だいぶカラリとして、慌てて今のうちに洗濯! という天気になってきます。 これからこの雨が東日本に移っていきそうなので、 気をつけてくださいね

★さて、今日は久しぶりにマジメな話。

あなたは部下がいて、朝礼で話をすることもあれば 講義をしたり、あるいは会議で発言することがたくさんありますよね。

そのときこう思いません?

こないだも同じこと言ったやん!!!

って。

何回も何回も何回も言って、 それでも「へ~なるほどねぇ」って顔をする。

なんだよ・・・俺はいつも何のために話をしてるんだ・・・

な~んて、無力感を感じるかも

私もね、マーケティングの講師をしていて、 1ヶ月に1度くらい、同じクラスで同じ話を出すことがあります。

毎月ですよ、毎月。同じ人に。

それでも毎回「へ~!」って目を丸くしてメモを取っています。 「コレ言うの6回目~」と私がぶちキレる瞬間です

★相手が社員だろうと生徒だろうと、 教育とは、その人が持つ考えを変えたり、 付け加えたりすること。

人間は本来ものすごい機能を持っているものですが、 考えを植えつけないと体が動かない、 という欠点があるんですね。

最初に頭に考えが入って、 そこから行動にやっと移ることができる。

「学習→理解→実行」という道すじが 何回も何回も繰り返されていないと 覚えられないんです。

つまり、最初に「クセ」をつけないと体がついていかない。

「クセ」をつけるためには、 何度も何度も言わなければなりません。 くりかえして伝えなければなりません。

★正直言ってね、あなたとあなたの社員さん、 どっちが意志が強いかの競争ですよ。

社長にも弱いところがあっていいんです。 人間だから間違うこともたくさんある。

でも、全部弱かったら、社員は社長についてくるわけありません。

だから、とにかく絶対に社員より強いところを持っていないといけない。

その一つがあなたの意志。 社長はとにかくしぶといもんです

★「人に教えるには、同じことを400回言えるかどうか」 だとよく言われます。

毎日毎日、「何回言ったらわかるんだ!」 と思うのは人の常。

399回いっても伝わらないけれど、 400回目に伝わっているかもしれません。

400回言ってから、そこからどうするか考えればいい

★相手とのこんくらべ。

「社長、いつまで言うんやろ~。やるまで言うやろな~。」

と社員に思ってもらえればOK。

とにかく言い続けることが社長の仕事だと思うと、 ずいぶん気持ちも楽になるものです

さ、また同じことしつこく続けましょ~

【経営者の運を上げる福のカギ】その79 社長は誰よりもしぶとい。と、社員が気づいてすべてが始まる。