今日はね、そもそも占いってどうやるんですか? どうやって分かるんですか? ってよく質問をいただくので、そのニュアンスを 伝えてみたいと思います。

うまく説明できるのかどうか、 自分でもよくわからないけれど、 できるだけ分かりやすく、カンタンにいってみよう

さらに言うなら 「え、こんなこと言っちゃって、怪しい人なんじゃないの」 とかいう感想を極力持たれないよう 当たり前の言葉を使って話してみるのであった

★わたしは占い師。 占いのツールにはタロットカードを使います。

たとえばね、クライアントの方から

美容院の支店を出したくて、 こう考えているけれど、他によい意見がありますか? 時期や規模や場所は?」 という質問があったとするでしょ?

答のためにカードを10枚展開するとしますね。

カードを見るとね、今の状況を起点として、 過去と未来にスクリーンがと広がるわけ。 すんごいカラフルで、曼荼羅みたいなのが ぐおーっと広がるわけですよ。

おお~、大河ドラマみたいだ、なんて思いながら。 いや、長編映画みたいなのかな?

★カードの1枚1枚が一つの意味を持っているというより、 10枚全部のカードと、その人自身が一緒になって、 大きなドラマがカードの上?とか私の頭の中のスクリーンで 一瞬で繰り広げられるのです。

で、そこで見ている映画の結末には、 出した支店の数とか、規模とか、人とか、内装とか、 にぎわってる様子が見える。

★それで、その映画の様子を伝えるわけ。 こうしたいのであれば、いつどういう風に 進むとこうなりますよってのを、 スクリーンを見ながら答える。

細かい質問があったら、 その質問に対応するカードの付近を見ると、 細かい状況がスクリーンに現われる。

細かい質問があればあるほど、 映画の描写は細かくなっていって、 それはそれは、楽しい1大スペクタクルになっていくんですよ。

そうなってくると、このカードの結果が示唆する期間は どんどん長くなっていって、 半年から1年にもなってくる。

★占い師さんには、 未来が見える人とか、運命を知る人とか いろんなタイプの人がいると思うんですよね。

私は、「目的は○○です。だから達成するためにどうすればいいですか?」に対する方法を見つけるタイプの占い師。

だって、どんなによい未来が見えても、 あなたが実行しなければ絶対に実現はしないもの。

周りががんばってくれて、あなたが待つだけで それが実現しちゃうことはありえない。

目的の未来、達成する未来っていうのは、 勇気を出して実行した人だけが手に入れられるギフトですものね。

★占いのメカニズム(?)、お分かりいただけたでしょうか。

それとも! もしやアヤシイ占い師になってしまったのかしら

【経営者の運を上げる福のカギ】その78 現在のあなたは過去のあなたが作り上げた自分。 未来のあなたは、今のあなたがなりたいと思う自分に他ならない。