私は長崎出身で、今は福岡在住です。

そういえば私の初恋は幼稚園のとき、
それはそれはきれいな男の子でした。

肌がトゥルトゥルで、髪がサラサラで、マッシュルームカットで、
賢くて、優しくて・・・。

もちろん私以外の女の子も、その男の子の事が大好きで、
スクールバスでどうにかして隣に座ろうとするわけですよ。

私は最後のバス停だったので、どうしても彼の隣に
座ることができなかった。

で、呼び出しましたよ、毎日その男の子の隣に座ってる女の子をね。

それでも隣に座ってるぅぅぅぅ!

 

まあそれはいいんだけど(~_~;)

 

小学校、中学校ではなれちゃっった訳です。

しかし運命の出会いが!

高校のブラスバンド部の新入部員の中に
彼がいるじゃないですか!

とはいっても、そのころには淡い恋心は消え、
「良いお友達」っつーやつになってましたけどね。

大学は違ったけれど、サークルは同じだったもので、
またそこでも付き合いがある。

卒業して、15年がたつけれど、
なんでか結構会う。
彼は今、プロのベーシストなので、練習で会う。本番で会う。

初めて会ってから35年の付き合いですわ。
下手すると親の次ぐらいの付き合いか。

縁のある人とはつくづくあるものだなぁと実感しています。

縁は異なもの、というと男女の関係に使う言葉なので
ちょいとイメージ違うけど、どこで何が続くものかわからんものです。

もしかするとこの記事を見て、コメントしてくれるかもしれないので、
そうしたらココで、ブログとホームページと、
そしてライブとCDの紹介をしちゃおうと思っています。

おしゃれでオトナなジャズ好きな方は必見です。

 

 

 

 【経営者の運を上げる福のカギ】その20
縁は異なもの。その縁を育てるのはあなたのマメさ。