さて、最近良く聞く、コーチングというコトバ。

コーチング自体は、新しいものではなく、昔っからあるものですね。
スポーツ界のトップ選手には必ずコーチがついているもの。

世界一のスポーツプレイヤーも、何人かのコーチと契約し、コーチングを受け、
常にレベルアップを図ります。

不思議なもので、スポーツ界ではコーチングを受けるのが当たり前ですが、
ビジネスの世界でコーチングというと、聞きなれないように感じます。

なんとなく、胡散臭いものに感じたり、
相手をコントロールする技術のような気がしたり。


しかし、ビジネスにおけるコーチングは
さまざまなところで知らないうちに使われているものなのです。

たとえば、経営者、上司、指導する人によって、
そこで働く人々や組織は大きな影響を受けます。

能力ある経営者は、コーチングの専門的な訓練を受けていなくても、
それを使って、スタッフを育てているということです。

早い話が、あまり深く考えなくても、いいんです。

要は、コーチングって、メンバーの能力を最大限に
引き出して、目標達成をサポートするコミュニケーションスキルといえるんですね。


よく、ティーチングと比べられることがありますが、
ティーチングはつまり、教えること。

「答を授けること」です。

コーチングは、相手に質問を投げかけて、
考えさせ、答を導き出させる技術。

つまり、ティーチングは教える側が答を持ち、
コーチングは、引き出される側が答を持っているということです。

よくコーチングで言われる、
「答は君自身の中にある」というなんとも都合のいい言葉は、
ココから来ているのですね。

魚を欲しがっている人に魚を与えるのではなく、
魚の取り方を教えなさい、という話があります。

コレもティーチングのひとつ。

コーチングで言うと、

魚の取り方を考えさせ、
試行錯誤させ、編み出させる、ということになります。

あなたの会社のスタッフは、
頭を使っていますか?

 【経営者の運を上げる福のカギ】その19
与えられた仕事をしていると、脳は萎縮する。会社も萎縮する