ダメージある時はダイソーにやってくる。
広い駐車場とあまり人のいないフロアをもつ郊外店に。

店を出る頃にはすっかり楽になって、
安心して帰るのはなんでかなーと考えてみた。

100均もキャンドゥとかセリアじゃなくてダイソーが良くて、
それはどうも商品に煩悩がないことがいちばんの原因のようだ。

ダイソーの棚にはギッシリと整然と
こっちを向いて商品が並べられていて、
メリットだけを語りかけてくる。

すぐ壊れるかもとか書き心地がいまいちとかは
誰からも教えられてなくて、
自分の存在だけが唯一で、
他に比べるものを何も知らず、
ただ自分自身が商品であることがとても嬉しい!
ってモノだけがたくさんたくさん並べられている。

悲しくてダイソーにきたら、
フロア中にあるメリットだけの商品が
「ねえねえ悲しいの?だったら見て!僕こんなに便利よ!」とか
「何かあったの?それより見て。私こんなにかわいいから大丈夫!」
「ぼくらは100円!こんなにみんながすばらしくすてき!」
って口々に言ってくる。

便利なのやかわいいのと大丈夫なのは全く関係がないけど、
ダイソーの商品たちにはそういうのはどうでもよくて、
ただただ良いとこを教えてくれる。
そのほかのものは何もなく、
すべての商品がイエスだけを言ってくれる。
もしかしたら…なんて一瞬もよぎらない。

ダイソーの社長はネガティヴなので有名で、
その社長だからこそ、
何も持たない無機の商品が人間に与える肯定を知っているんだろう。

ということをダイソーの駐車場で書いているのは、
324円で商品の愛にまみれてホッとしたからです。




タロット占いランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
にほんブログ村