ツイッターで片思いってあり得ないとつぶやいたら
たくさんご質問をいただきました。

だって実際にデートにならないのになぜ?
とか
連絡もこないのに!
って。

ちゅうわけで、今日はそのことについて書こうと思います。
けっこうテクニカルな感じでいきますけん、
あたしはもっと健気でいたい!なんて思っちゃうかも。


あのね、わたしは長年占い師を続けて、
2万人を超えるお客様を拝見してきて
片思いってあり得ない!という結論に達しました。

すごーく単純に言うとね、
あなたが彼を好きと思うでしょ?
そしたらその気持ち、あっという間に彼に届きます。
もう瞬間的に。

ええーそんなはずない!
と思うでしょうけど、
これをね、
たとえば、誰かに対する悪意だと思ってみて。

異性だろうと同性だろうと
誰かがあなたのことを悪く言った、悪く思った。

すぐ気づくよね。
違和感というか、あれ?なにこれ?みたいな感じ。

あなたがその人のことをどう思っていようが、
相手から発された感情はあっという間に届くんです。

そしてそのアンテナの感度は、
やはり距離に比例します。

悪意で例えたくないけど、
分かりやすいからそれで言っちゃうと、

物理的な距離も関係性も全然遠くて、
極端な話、知らない人からの悪意なんて気づかないし
どうだって良かったりするけれど、

逆に近いところにいる人。
同じクラス、同じ会社なんかだとすぐ気づくでしょう。

人の感情っていうのは、
理性的に考える以上に瞬く間に伝わるのね。

あなたが片思いと思っているその感情は、
あっという間に相手に届きます。

相手がその感情を気にするかどうか、
その思いに影響されるかどうかは
今言ったように物理的心理的距離に比例するから、

その人に気持ちをより強力に伝えて
相手にもあなたへの意識を頻繁に持ってもらうためには
心理的物理的距離を近づける必要があるってわけ。

恥ずかしいからと言って、
その距離を詰めることを恐れていたら、
恋愛のお付き合い、親友付き合い、結婚はやはり難しい。

だって悪意を感じた時と同じように、
距離が離れていたらどうでもよくなっちゃうし、
そもそも思い出さないものね。

なので、どれだけ強く相手を愛そうとも、
やはりその距離が遠ければ強度は下がります。

相手が「おや?」と思うことが減るからね。

距離というのは物理的なものだけではないから、
遠距離の人や、なかなか会えない人を好きだとしたら、
LINEを送ったり、なにかイベントの時期に声をかけたり、
友達を介して情報の共有があったり
というような、心理的距離を近づけるといいかなと思います。

距離感が近ければ近いほど、
そして彼があなたを思い出せば思い出すほど
感情はリアルになり、目に見えなくても気持ちのところだけで
やり取りが増えます。

これは実際に会おうが会うまいが起こります。
スピリチュアルと言ってしまったらそうだけど、
これをさっき言ったような「悪意」に置き換えたら
分かりやすいでしょ。
会わなくても二者間で何かのやり取りがあるよね。

片方が好きになり、その相手を思い浮かべる。
その感情は簡単に届くから、相手も何かの拍子にあなたを思い浮かべる。
ちょっとしたきっかけで連絡を取れば取るほど
当然頭に浮かぶ頻度が高まる。

この時には、まだ「恋愛感情」じゃないかもしれません。

だけどお互いにだけ分かるなにかの「違和感」が始まってるんです。
お互いにだけ分かる「違和感」。

「違和」
あなたはほかの人とは違う、という認識の始まりです。

そうなってしまえばもうこっちのもので笑

その時まだお互いに「好き」という感情じゃなくてもいいの。
その違和感を「恋愛」「友情」「仕事での信頼」
といったどのスタイルに決めるかは
あなたのほうに主導権はあります。

ほら男の人はこの辺細かく決まってないからさ。

恋愛における一番大事なものは「違和感」。
この違和感を生むためには
やっぱりあなたが、
彼に彼女がいようがこっちを向いてなかろうが
「愛してる!」ときちんと思うことがスイッチ。

なので、まだ違和感が生まれてない頃
これから恋愛にしたいと思う時に占いにいって
「彼には彼女がいますよ」
とか
「彼はあなたを向いていませんよ」
なーんてことを言われても信じなくてよし。

その人が見えてるか見えてないかにかかわらず、
そんなこと言っちゃうのは、
まったくもって恋愛のれの字もわかっとらん占い師やわ。

人というのは必ずその関係性の中で何かが伝わり
波及して影響しあうんだから、
人と人との関係性をぶち切ることを言うような占い師の話なんて聞かなくてよろしい笑

恋愛はプロセスで、信頼関係は時間をかけて育てるもの。
運命の相手だろうがそうでなかろうが
あっという間に劇的にお互いが死にそうに愛し合うなんてあるわけなかろうもん。

片思いの話に戻るとね、

もちろん二人の間で
「付き合ってない状態」
とか
「まだ告白していない」状態はありますよ。

その時にもただ言語で表明してないってだけで
相手との感情的なやり取りってすでに発生してます。

というわけで、
あなたが「片思い」と思ってる時、
すでに彼は「違和感」を感じてて、
彼にとってはそれは
「なんだかそれはちょっと面映ゆくてはにかんじゃう」
みたいに感じてる。
初恋みたいな感じかな。

感情は投げかけないと届かないので
「好きになってくれればいいのに・・・」ではなく
「あなたを好き!」にすると届きやすいよ。

始まりのころは「なんだか面映ゆい」だった彼の感情も
少し経って
あなたがちょっと女性らしいかっこをしたり
彼の「恋愛相手」のカテゴリにかすったりすると
彼のそのなんだかわからない違和感に
恋愛という名前が付き始めます。

だから彼の好きなタイプをリサーチするのはけっこう役立つかも。
あくまでも土台に「あなたが好き!」というムーブメントがあってのことなので
その気持ちを忘れて占い師に彼の好きなタイプを聞いて、その真似に一生懸命になっちゃうのはNG。

人間同士で感情を持ち合い、
恋愛というスタイルに育てていくためには
まずは「あなたが好き!」という感情を彼に投げかけ、
彼に「違和感」を持たせるのが大事。

良い気持ちを持ったら相手は良い気持ちを持つし、
悪い気持ちを持ったら相手もまた同じ。

そしてここから先、
この違和感を「恋愛」に持っていきたいなら、

感情のやりとりではなくスタイル構築の問題で、
彼が知識として知っている恋愛の形に寄り添うといいわけ。

みんなこのあたりがごちゃごちゃになってるから
恋愛を難しいものと考えちゃうんだけど、
ちょっと冷静に恋愛感情と恋愛スタイルを割り切って
好きな相手と2つの側面で恋愛構築してみよう。

まずは感情面での構築。

1.あなたが彼にするのは「あなたが好き!」という気持ちを持つこと。
2.彼はあっという間にその波を感じて違和感を持ちます。

次は目に見える形を作るスタイル構築。

3.彼の思うわかりやすい恋愛の形式や好意の表現の仕方をしてあげること。
たとえば、にっこり笑って挨拶とか話すときに体ごと彼を向くとか。
遠いところにいる相手なら、ラインでよい言葉をたくさん使うとか、
ちょこちょここまめに送るとか。

4.両方揃って初めて、彼とあなたにとって良きスタイルでの関係構築が始まります。
土台は感情の方だから、どんなときも「あなたが好き」を忘れないように。


ちょっと厳しいこと言いますよ。


恋愛は、ダダをこねて、相手にそれを許してもらうことではありません。

なので、彼にわかってもらおうとして
好き避けやひねくれた態度はできるだけ控えようね。
どんなに好きでもそれやっちゃうと、
彼と恋愛ではない形を作ってしまうことになるから。

人間関係というのは、ものすごくテクニカルな側面を持ってますから
気持ちのやり取りの上に、
彼との関係性を技術的に作っていくということ。

彼との関係性において恋愛を希望しているなら
恋愛らしく振舞う必要があるってことね。


あなたが思う恋愛と
彼が思う恋愛形式は違うはずだから、
最初は彼に歩み寄る姿勢を見せていいかなと思います。

だってさーそのあたりは後でどうとでもなるから笑

気持ちのやり取りと、
目に見える関係の作り方は全く別物で、

それらは別々の構築の仕方があって、
別々の努力が必要である、ということ。

目に見えるところに向かって努力しがちになるけど
彼を好き!ということをきちんと思い出せれば
ケンカしたり、こじれたとしても
簡単に彼とも仲直りできます。

あなたが彼を好きって気持ち、
あなたにも彼にとっても、思った以上に大事ですよ。

----------------------------------------------

Yahoo!占い「ラーヤの光輪タロット」新メニュー続々更新中です↓

彼から見て、今2人はどれだけ心通じ合ってる? どこまで進展してる?[new]

彼が今、本当に大切に想い、愛し、優先してるのは……ズバリあなた?

極限霊視! 彼は今どれだけあなたの愛を求めてる? 身体を欲してる?

この苦しい愛を貫いたら、彼はあなたに何をもたらし、何を奪ってく?

Yahoo占いラーヤの光輪タロット18禁もたくさんよ!↓
kourin-tarot_L





タロット占いランキング

にほんブログ村 その他趣味ブログ タロット占いへ
にほんブログ村