タロットカードを

自動詞



他動詞


として読むときのイメージが
いまひとつわかりませーん

というメッセージやら
フェイスブックへのメールやらを
いくつかいただいたので、

ちょいとここで例文を作ってみようと思います。


たとえば「1.魔術師」というカード


自動詞として読むとき。

質問の形は
「彼はどんな人ですか?」
です。

そういう質問でこのカードが出たら、

「彼は魔術師くんのような人である」

と言葉を作ります。
これを日本語っぽく噛み砕くと、

「彼はいろんなことに意欲的で、
活き活きとして生命力にあふれる人です(あるいは、そのような状態です。)」

てな感じになります。

彼=魔術師ね。
彼自身が魔術師であるという自動詞として読みます。


じゃあ同じ「1.魔術師」を
他動詞として読むのはどんな質問の時か。

それは、

「『彼は』『わたし(これを読んでるあなた)』のことをどう思ってる?」

みたいに目的語がある質問の時です。


そういった質問の時、
答え方は、
「彼はあなたを思うと『魔術師くん』になる」

と読む。

「彼はあなたを思うと『魔術師くん』になる」を
もう少し日本語っぽく、
かみ砕くと


「彼はあなたを思うと(もしくはあなたのために)
自分が意欲的で何でもできるような気持ちになるし、
そしてそれはあなたに何かをしてあげたいからで、
活き活きとして、生命力ある状態になる」


という感じです。


いずれも彼自身が
魔術師くんであることは同じ。

それが、自分が勝手にそういう人間であるのか、
あなたのことを思って彼がそうなるのか

の違いという風に考えるといいです。


ワンオラクルでたくさん練習するのがやっぱり大事。
枚数を増やしたいなと思うときには

昨日の記事のように
「窓の数を増やして向こう側をよく見る」

という風に考えてね。
あんまり複雑に考えんでいいけん。

まずはやってみれ!
できるできるってー

今日は寒いねえ。風邪ひかんごとね!

1.ラーヤタロットスクール博多校大アルカナ教室
2016年4月19日(火)13時30分~16時45分


2.ラーヤタロットスクール大阪校大アルカナ教室
2016年1月24日(日)12時30分~18時