経営者と働く女性専門 霊視&タロット占い 光輪タロット占いラーヤオフィシャルブログ

福岡 タロット占いラーヤの経営者と働く女性専門タロット占いのブログ。霊視。光輪タロット。福岡のタロット教室。正統派タロットで天職と宿命判断。ラーヤコンサルティング株式会社

ワンオラクル

九州最大!トッププロになるためのタロット占い教室セミナー日程が決定しました。
こちらをクリック↓↓

(1)福岡博多:山を作る!海を作る!運気を作る!目で見る風水教室「巒頭(らんとう)入門講座」
福岡博多校:2018年6月24日午前11時~18時

家やお店作り、会社作りに至るまで一生使える中国伝統の正統派風水講座を開講します。講師は日本屈指の風水師竹宮千生先生!

(2)東京:6時間大アルカナ特別セミナー
東京日本橋校:2018年7月8日(日)12:00~18:00


(3)福岡博多校:6時間大アルカナ特別セミナー
福岡博多校:2018年7月22日(日)12:00~18:00

ワンオラクルから複数枚スプレッドへ

これまでワンオラクルの練習のために
カンタンなことからちょいと頭を使うことまで
いろいろお話してきました。

1.いよいよワンオラクルのコツのコツざます。

2.そんでワンオラクルだけじゃなくてほかの占い方も読むときには-その2-

3.注意注意☆ここで出てくるアタシたちの脳のクセ!

4.いよいよ彼の気持ちを占おう

今回の6つめの記事で、
まずはワンオラクルの練習はおしまい。

現実にあてはめて読んだり
自動詞他動詞で読んだり、

タロットカードはたった78枚しかないからこそ
その絵をいろんな言葉に変化させるのが
頭の使いどころ。


基本的には、
このワンオラクルで使った
読み方を

どの占い方でも使っていきます。


ところで、
展開方法のことを

スプレッド

といいます。

ネットで調べたり
市販の教科書を買うと
ワンオラクルから20枚以上を使うものまで
いろんな展開方法があります。


何枚も使うスプレッドも
基本的な言葉の作り方は
ワンオラクルとおんなじ。


枚数が多くなると難しくって・・・


といわれること多いんだけど、

枚数が多くなれば多くなるほど
いろんな知りたいことがわかると思ってください。


カードはね、



なんよ。


知りたいなって思う
向こう側の世界を

見るための窓。


彼の世界をのぞいてみたいなーと思ったとき

たった1枚の小さな窓から見るより、
いろんなところに開いた
いろんな形の窓で見えたほうが
よく見えるでしょ?


あれだあれ、
クイズであるじゃん、
タイルの数だけ
ちょこっとむこっかわが見えて、


さあ向こう側にあるのは何でしょう!みたいな。


あのクイズとおんなじ。


タロット占いというのは
分からないことを知るためのもので、
覗ける窓はが多いほど
よく見えて
わかりやすいということ。



窓が多ければ、
それだけ彼の複雑な気持ちや、
繊細なところや、
彼が大事にしてるところや
あなたへの大事な思いも

見えてくるよね

だから枚数が多いスプレッドを使うと
彼のことがよくわかって、
もっと愛しく

もっと大事になるよ。


調べればたくさんあるから、
ぜひ枚数が多い占いにも
チャレンジしてみてんしゃい。

占うことで
その人のことがもっと大好きになる。

それはうれしいことよね


さー、もすこし仕事しよう!


また明日ね!
雪すごいし、
寒いけんあったかくしてね!


彼の気持ちを占おう-その2-

昨日までに自動詞だの他動詞だの
めんどくさいことを言っていたら、


このカードを
こう読んでみました!

とリーディングの結果を聞かせてくださる
メッセージを何通かいただきました。

みんな試行錯誤しながら
あーでもないこーでもないと
頭をひねってる感じで、

そういう頭を使う事が
タロットの一番の練習になるのではないかと思います。


それで、みんなからメールをもらって気が付いたこと。

昨日すこーしだけ書いたのですが、
出たカードは、たとえ目的語が
「あなた」だったとしても、

出たカードは「彼の気持ち」です。

そのカードを
「あなたがこういう人間だ」
と読むわけではないので
そこを注意してみましょう。


みんながけっこう頻繁にやりがちなのは、
黒いカードや剣が刺さってるカードを引いた時
その絵を見ただけで

無条件に「わるい!」

だからダメなんだ!
だからわたしとはうまくいかないんだ!
だからわたしのことイヤなんだ!

と読んでしまう事。


そんなんナシナシ。


ちゃんと頭を使って
理性的に読む練習をまずはしましょう。

カードを一枚引いたら、
そのカードは
あなたのことを思う
「彼の気持ち」。

つまり、黒いカードが出たら、
冷静にいられないほど
彼の心はあなたを思って
モノが見えない感じ。


だったり、


剣が刺さっていたら、
あなたのことを思って
心が傷ついていたり
束縛されていたり。

という感じ。


ここまでいっても
ついついえっ、だからダメなんですか
なんて考えがちなんだけど、

そんなムリしてダメな方向に読まないの


カードをひいたら
それは彼の気持ち。
あなたの状態やあなたに関してのカードではないのよ。

彼が、そのカードの気持ちを
持っているということ。


いくらその目的語が
「あなた」だとしても
そのカードはあなたのものではなくて
彼のものだという事を
頭に入れて読んでみよう。

タロットを読む問いには
まず
理性的に合理的に読む。

日本語の作り方からやっていくと
もっと練習して
直感的なものを使うようになったとき、
とってもわかりやすいリーディングができるようになるよ。

まずは制限の中から
タロットの頭の使い方を
覚えていこう。

さあ本日はお昼に書いてみた!
いまから大アルカナセミナーするばい!







いよいよ彼の気持ちを占おう

これまで、

彼ってどんな人?
とか
私はこれからどうしよう!

なんて感じのことを
占おうって練習してきました。

共通するのは、
出てきた一枚のカードを

自動詞

として読むこと。

どんな感じで読むかは昨日書いたこれ↓↓


自動詞ってのは、目的語がない動詞ってことね。

わたしはこうする

とか

彼はこうである

とか
そんな感じに言葉を作っていく。

で、そうやってタロットカードで
文章を作る練習をすると
物足りなくなってくるよね。


彼がどう思ってるのか知りたいいいいいいいい!!!!!!!

ってなるじゃん。
もしかしたら一人で夜悶々と
あたくしのことを考えているのかも!

とか

今友達と一緒で
わたしのことなんか気にもしてないのかしら
とか

なんかいろいろあるじゃん

あたしたちもほら、
悶々としたりなんかして、
うっふ~んみたいなさ。


で、今日はいよいよ!
そんな彼の狂わしい思いを
読み取ってみよう!

の巻ですよ。
お待ちかねですよ。

それをさらに簡単なワンオラクルでやってみよう!
って話。

さて、ここで練習だ。


占おう、というときに
タロットカードをテーブルに置きます。

ペンと紙を用意します。


ペンを持って

「彼が」

とメモします。

これで「主語」が決まりました。


ほんとにメモした?
覚えとるけんよかってー!じゃなくてーーー

メモしてよ?


はい、メモしましたね。


そしたら次。
ここが今日の主題です。


次に、

目的語

を決めます。

目的語てなんね?

はい、目的語とは「誰に」「誰へ」「誰のために」「誰のことを」
のその到達点の表現です。


今回の場合は、
「あなた」
ですよ。

ええーはずかしーーーー
じゃないとって。

彼の気持ちを見たいっちゃろ?
どんなに思ってるのかしらとかわたしのこと大事なのかしらとかさー
いろいろあるじゃないの。

それを見るわけですから、
目的語は
「あなた」。

あなた自身から見ると
「わたし」

ですね。


はい、メモ帳に書いて。

彼が

わたしを

「どんな風に感じているか」
「どのように思っているか」
「どのような人間だと思っているか」

とかなんでもいいけんさ、
知りたいことをメモする。


はいそいで一枚引く。

これまでは、そのカードを自動詞として読んでいましたね。
「彼は『そのカード』である」
という風に日本語を作っていた。

今日の彼の気持ちを見るときにはちょっと違う。

他動詞

としてそのカードを読むのです。

今日は目的語があるよね。
なので、引いたカードについて
「彼は目的語についてこう感じている」という風に読むわけ。

他動詞というのは
その目的語(この場合はあなた)に
対しての思いだから

「彼はあなたに対して『このカードである』」

と文章を作る。

当然、これまでのように彼自身を見る占いと同じカードが出る場合もあるよね。

そう、タロットカードってのは、
同じカードをいろんなパターンで読まなくちゃならないわけ。

一つのカードを
自動詞としても
他動詞としても
読まなくちゃならない。

じゃあどのように言葉が変わってくるかはまた今度書くから、

今日はとにかく

主語と目的語

を決めて、今日出たカードがあなたに対する彼の心の形
という風に読んでみて。

いい?出たカードは彼のものだからね、
あなた自信を表しているのではなく、彼の心の表現。

そう思って彼の心を言葉にしてあげてね。


「どのように思っているか」
とカードを読んでいくから

「いい」

「わるい」
で表現されるわけではないことはわかるよね。

「いい」と「わるい」を使わずに
一生懸命日本語を探してみて。
必ず出てくるからね。

今日の例文は
「『彼は』『あなたを』このカードのように思っている」

すぐできるけんがんばってやってんしゃい!
タロットカードってどんな日本語にもできるっちゃけんね!

そいだらね!遅延出まくりの羽田からあでゅ~ん








注意注意☆ここで出てくるアタシたちの脳のクセ!

昨日は、ワンオラクルで
タロットリーディングをするには
主語を決めようという話をしました。
↓↓

そんでワンオラクルだけじゃなくてほかの占い方も読むときには-その2-


これは基本の基本で、
ワンオラクルではなくても、
何枚使おうと同じ。

ケルト十字法のように
10枚以上カードを使うときにも
主語をきちんと決めることが大切なのです。

「○○さんが」
と決めてカードを読むことで
目の前に出ているカードが
「○○さん」主語の自動詞のカードになるので

それに絞って占うと
最初の読む練習のときには
とても分かりやすくなります。

そして!
ここから今日の本題。

セルフ占いで
タロットリーディングをするときの
大事な注意事項。


占いをするときって
ちょっと自分の潜在意識が優位になってくるので、
ぼーっとしちゃってます。

そんなときさー、
ついつい、普段してる
脳のクセがでちゃうのよ~。

どんな感じかっていうとね、

よし占おうって思って
カードをいつ枚引くでしょ。

それでどうにかこうにか文章作ってみるよね。
けっこう軽快にできたりするわけだ。

おおおいいじゃん!
なんて時が一番注意するとこ。

もうね、最初の質問忘れちゃうわけさ。
さらに言うと、
質問を忘れたことも忘れちゃう。

たとえば、

彼自身のことを聞いていたのに
二人の恋愛のことに
話題が移っちゃったり


これからどうしようかを知りたかったのに
問題点を見つけようとしちゃったり


普段自分がしている
考え方のクセが
リーディングの時にそのまま出てしまうんす。



ついつい心配しちゃうくせがあるひとは
彼自身のことを占ってても
心配ごとを探したりするし、

未来のことを見たのに
過去のことをピックアップしたりする。

そして、
見たいことが見れていないことすらも
頭から離れてしまって、
結局いつも同じことを見つけて占いを終えたりする。

占いというものは
自分でも知らない視点から
物事をみるためのものだから

考え方のクセができるだけ表に出てこないように
制御することで
新しいことを占うことができますばい。

そのためにはとにかく

メモ
メモ
メモ!!

こんだけでいい練習になるんだから
メモしてねー。

占いしてる時ってさ、
半分スピリットを感じたりするわけだ。

そうなるとぼーっとするでしょ。
理性的な脳なんて吹っ飛ぶ。
そしたら最初に何を聞いていたのか、
質問も吹っ飛ぶったいね。

特に今のように
「主語」を決めようとか
「自動詞として読もう」とか
「現実的な言葉に当てはめよう」
なんて割と理性的なことを決めてると、
興が乗るにつれて
そこらあたりがすっかり
抜け落ちたりするわけ。

占いなんだし
そっちのほうがいいんじゃないの?
と思うかもしれないけど、
そりゃー自動的にカードが読めたり
場面設定ができたりする
プロとしての訓練を受けてる人なら
もちろんよかろーて。

だけども、練習として少しずつリーディングの訓練を、
しかもセルフでするときには
スピリチュアルな状態に先に持っていくのは
いろいろなものを見失うわけよ。

泳ぎと一緒で
勝手に泳げるように体に覚えさせてから
足のつかない深さのところに入った方が安全なんよね。


なので、
最初のうちは億劫がらずに
ちゃんと質問をメモして、

それをそばにおいて
何を知りたいのかをきちんと
把握しながらリーディングするとはかどるよ。


細かく言うと、

「主語は誰なのか」
「知りたいことは何なのか」、

それをきちんとメモして
自分の脳がどっかいっちゃっても
メモに戻ってこれるように

上手に脳以外のものも使おう。

よっしゃ!じゃあ練習してみてね!
ほいじゃ!






そんでワンオラクルだけじゃなくてほかの占い方も読むときには-その2-

そいでね、
じゃあカード読むときにそもそも読み方教えてよおーって話で。

こないだ
「私はどうするか?」って
質問しながら読もう!
って話をしました。
それがこれ↓

  • いよいよワンオラクルのコツのコツざます。


    そんで、じゃあ彼のこととか見るときには
    どう読むのさって
    そこんとこが一番大事!って話と思うの。


    えー、早い話が
    ワンオラクルで読むとき、
    いやタロット読むときにもっとも重要なことの一つは、

    主語を決めること。

    おわかりでしょうか。
    主語を決めるつーのは、
    「誰が」を決めること。

    ワンオラクルで彼のことを見たいと思ったとき、
    主語は
    「彼は」
    として読む。

    実際のプロの仕事の時には
    こんなに細かく決めないし、
    出たカードの方から
    読みとっていくんだけども、

    最初の練習の時にはとにかく

    主語

    これを決める。
    いいすか?
    主語決めるのよ。

    あたりまえやんと思うやろ?
    でも実際占うとき
    みんなそこきっちり認識できてないっちゃん。

    だけん最初になにを読もうとしてたか忘れちゃって
    なんやったっけーとかなっちゃう。


    よかですか?

    ワンオラクルで彼がどんな人かを見てみたいとき、
    主語は彼。

    つまり、出たカード引いたカードを
    「彼」本人として読みます。

    これなら簡単に
    冷静に読むことができるから
    まずはそうやって練習をしていこう。

    そしてもう一つ覚えておいてほしいのは、

    出たそのカードを

    自動詞

    として読む。

    自動詞って覚えとる?高校か中学かで
    英語の授業でしたろ?

    目的語がないのが自動詞で、
    目的語があるのが他動詞ってやつだ。

    彼自身のことを読むから
    自動詞として言葉を作る。

    一枚引いたそのカードは、

    「彼は○○である」

    という日本語の形になります。


    今手元にカードがあるなら、
    一枚引いてみて。
    練習だからてきとーでよし。


    で、一枚引いたら、
    その主語は彼。

    「彼は○○である」

    て言葉を作ってんしゃい。

    カードの意味はテキストでも何でも見て、
    適当に言葉を作ってみて。
    今練習だからそいでいいけん。


    で、ちょっと慣れてきたら、

    ほんとに彼ってどんな人なんだろう?

    と心に呟いて
    一枚引いてみる。

    はい、それが彼。

    悪魔のカードが出たら、
    うわっいやらしい!」みたいな笑


    ね、タロットカードをこうやって読むと

    「いい」



    「悪い」

    じゃないことに気付くよね。
    カードは決してこの二つの言葉では説明されない。

    あるのは

    「どのような」

    ってことなのよ。
    わかりやすいように、
    最初は大アルカナだけで練習してみてもいいね。

    「○○のような人である。」

    っていろんな人で練習してみて。

    「いい」
    「わるい」

    という言葉を使わずにね。


    カードは、そしてもちろん人間は
    「いい」

    「わるい」
    だけでは絶対に説明しきれない。


    なんとなくちょっとわかってきたかな。
    タロットの練習というのは、
    スピリチュアルな何かを得る練習ではなくて、

    語学

    の練習に近いんよ。

    語学だから、単語の量が多ければ多いほど
    事細かに心や状況を説明できる。

    単語の量を増やすには、
    前に書いた
    「現実占いシリーズ」
    でやった方法で、言葉を増やしていく。

    すごく冷静に、脳の機能を使って
    カードの絵とそこから感じた脳に映ったものを
    日本語に変換していく訓練。


    これがタロット占いの練習と思うと
    ちょっと違う感じで脳を使えると思うよ。


    タロット占い、おもしろいよ。
    この世はほんとに色鮮やかやけんね。

    やってみんねね!
    ほんじゃおやすみ!東京からあでゅー







霊視&タロット占いのご案内

霊視&タロット占いはこちらからご予約・お問い合わせください。48時間以内に折り返しご連絡いたします。

タロット占いのみご希望の方はこちら

45分のタロット占いのみをご希望の方は占い師の部屋チャットルームで承ります。
下のバナーからタロット占いラーヤにご予約ください。

タロット占いラーヤコンテンツ

「タロット占いラーヤの光輪タロット」Yahoo占い/BIGLOBE占い/ニフティ占い/Ameba占い館にリリースされています。



光輪タロットが入った「神秘のタロットワールド」アプリがリリース!



【ラーヤモバイル電話占い】
鑑定歴6年~15年のベテラン占い師が確かな技術とお客様への愛を携えて待機しております。

人心操る凄絶霊視ラーヤの光輪タロット

※Yahoo占い
http://charge.fortune.yahoo.co.jp/com/lay/
※BIGLOBE占い
http://com.ddef.jp/lay/biglobe/
※ニフティ占い
http://www.nifty.com/lay/
※Ameba占い館SATORIプレミア占い
https://amb-uranai.ameba.jp/layah
※光輪タロットスマホ公式メニュー版
http://sp.ddef.jp/lay/

※日本中の有名タロティストを網羅したアプリ版
神秘のタロットワールド


※携帯キャリア公式メニュー「ラーヤの光輪タロット」はこちら
Docomo Dメニュー → メニューリスト → 占い → 西洋占い
SoftBank My SoftBank → メニューリスト → 占い
auポータル → メニューリスト → 占い → タロット

占い師専門独立経営塾ラーヤタロットスクール





九州最大の生徒数を誇るラーヤタロットスクールでは、博多駅本校・東京日本橋校・大阪校にてプロフェッショナルクラスのための大アルカナセミナーを行っています。
このセミナーでは、ラーヤメソッドを使って現実的な生活を安心して送れるよう、タロットカードを簡単に読み取る方法を学びます。あわせてこれがあると簡単に一人占いができる、タロット占いに必要な2つのポイントをお伝えします。
また、中上級コース・上級コースのラーヤタロットスクールプロ養成コースでは、心理学、マーケティング、ブランディングを学びながら、トッププロとして活動できるよう仕事づくりをしていきます。




東京都中央区日本橋本石町2-1-1
アスパ日本橋オフィス
TEL:03-6214-2403(代)
Facebook
Twitter プロフィール
日本橋校・博多校アクセス
東京日本橋校
博多校
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード